MEO対策は誰でも出来る!実店舗集客が5倍になるための必須対策をご紹介

MEO対策は最高の集客ツール

1.MEOとは?

MEOとは、MapEngineOptimizationの頭文字を取ったもので、日本語で言うと「マップ検索エンジンの最適化」の事です。この記事にたどり着いた方ならご存知の方も多い事でしょう。

このマップとは、日本においてはGoogleMapの対策とほぼ同義です。2018年頃から、GoogleMapは機能拡張が行われ日本国内においても実店舗を構えて商売を行われている店舗に取ってはかなり有用な集客手段となっています。ご存知のない方もまだまだ多く対策を行えばある程度の効果が、0円で手に入ります。これはやらない手がないですね。ぜひこの記事を読んでMEOの基本から応用のための考え方まで集客を何倍にも増やす方法を手に入れてください。

2.店舗集客は今すぐMEO対策すべき理由

2-1.集客効果が非常に高い。

PPC広告は上部に表示されるが有料、SEO対策は多額な費用と手前と時間が掛かる上に競合が激しく困難である事が多い。しかし、MEO対策は競合性が低く、検索上部に表示されアクションもスムースに出来る。自社サイトを作ってわざわざ問合せを貰うよりすぐに迷っているユーザーに認知して行動を促す実店舗の集客方法としてMEOは非常に適しており圧倒的に集客効果が高いのが特徴です。実際にGoogleマイビジネスと自社サイトのアクセス状況を見てもらいたい。まだ何もしていないマイビジネスのアクセス数が多いことに驚かれるのではないだろうか?そう。まさに今対策をすべきなのはこのMEO対策です。この記事を読まれている方は実店舗の集客に悩まれてMEO対策という言葉お聞きなんとかやってみようと思われたのではないだろうか?そんな方にとってこの記事はぴったりの解決策を提示します。

2-2.実施している企業がまだ少ない

実際に今回ご説明する基本的なことを行う上でも上位表示することは十分可能だ。基本に則って情報を入力していく。上位表示した後に継続的に問合せを貰う仕組みの前段階で競合よりも先んじて集客アップに取り組む事が大切である。

2-3.0円ですぐに誰でも対策が可能

有料広告でもサイトを作る費用もいらない。Googleに自社のことを説明する記述・写真を投稿して口コミを貰う事が出来れば今の段階では集客をする事ができる状態だ。なんどもいうがすぐに始めよう。

2-4.スマホ検索の伸びでこれからも増加が期待できる!(CMでも話題の動画を紹介)

このCMを見られた方も多いのではないだろうか?実際にGoogleは日本向けにもこのGoogleMAP検索の拡大を狙っている。アメリカではかなり進んでいるMEO対策だがこれからどんどんこうしたことに目を付ける事業者・店舗は増えることでしょう。なぜなら本当にすぐに強化出来てしまうから。早くにやれば口コミも多く集まりやすくなり好循環に入る。なんどもいう今すぐ始めよう!

2-5.口コミ放置は厳禁

口コミの返信はMAPをみてこの店にしようかと考えているお客様も見ているところです。良い評価でも悪い評価でも必ず返信を心がけましょう。この返信で気をつけることは全て同じ定型文で返してしまわないように普段の会話のように御礼や謝罪をしましょう。真摯・誠実に対応していく事が重要です。またMEOの観点からも、返信の期間が短く更新性が高い方が良いとされています。

3-2.Google自身が公開している3つのポイントを意識する

3-2-1.関連性

関連性とは、検索語句とローカル リスティングが合致する度合いを指します。充実したビジネス情報を掲載すると、ビジネスについてのより的確な情報が提供されるため、リスティングと検索語句との関連性を高めることができます。

Googleマイビジネスヘルプ

3-2-2.距離

距離とは、検索語句で指定された場所から検索結果のビジネス所在地までの距離を指します。検索語句で場所が指定されていない場合は、検索しているユーザーの現在地情報に基づいて距離が計算されます。

Googleマイビジネスヘルプ

3-2-3.知名度

知名度とは、ビジネスがどれだけ広く知られているかを指します。ビジネスによっては、オフラインでの知名度の方が高いことがありますが、検索結果にはこうした情報が加味されます。たとえば、多くの人に知られている著名な美術館、ランドマークとなるホテル、有名なブランド名を持つお店などは、ローカル検索結果で上位に表示されやすくなります。

Googleマイビジネスヘルプ

4.具体的にMEO対策の4つのポイント

では、実際にどのようにすればGoogleMAPで上位表示をさせる事ができるのかを順をおって説明していきたい。また以降は、Googleマイビジネスで自分の店舗の登録を済ませた事が前提になります。まだ登録をしていない登録の仕方は?という方は先にこちら公式サイトよりマイビジネス登録を行なってください。

4-1.対策1:マイビジネス情報をとにかく全て埋めよう!

マイビジネスで必要な基本情報設定とは以下になります。

  • ビジネス名
  • カテゴリ
  • ビジネス拠点(住所)
  • サービス提供地域
  • 営業時間
  • 特別営業時間
  • 電話番号
  • WEBサイト
  • 属性
  • ビジネス情報
  • 開業日
  • 写真

です。上記の情報を全て入力してください。ビジネス名はキーワード対策と言って[地域名+業種名]の店舗名。など入れている店舗もありますがGoogleは推奨していません。いつペナルティをもらっても文句は言えません。

4-2.対策2:店舗を紹介する写真を投稿しよう!

写真は非常に重要です。上述した基本情報にも写真は入っています。ただ写真を上げれば良いという訳ではなく、カテゴリー分けされていますので、以下を参考にアップをしてみてください。魅力的な写真撮影は需要喚起のためにも以前より一層重要になって来ていると感じています。いかに魅力的に魅せるか?だけでなく、来た時にもがっかりさせないように運営して行くことも同時に口コミ・透明なこの世の中には重要になって来ていると感じています。

4-2-1.外観の写真 :3枚

来店者がお店がわかりやすくなるような写真を掲載しましょう。全ての来店方向に対応し、営業時間が昼夜に渡る場合は時間帯(朝・昼・晩)の写真も用意すると良いでしょう。

4-2-2.店内の写真:3枚

店内の雰囲気が伝わる写真を掲載しましょう。綺麗に見せる方が良いですが、加工などをせずにありのままの雰囲気を伝えることが重要です。あまりに印象が違うと、低評価の口コミの原因にもなりえます。

4-2-3.商品の写真 :3枚

物販系の店舗の場合は、人気商品や代表的な商品の写真を掲載します。なるべく商品の全体像をつかめるような写真にすると良いでしょう。

4-2-4.サービスの写真 :3枚

スタッフや従業員がサービスを提供している状態の写真を掲載しましょう。マッサージやエステな施術中の風景、無形商品ならサービスを説明しているところや来店を歓迎しているような写真があると、ユーザーがイメージしやすくなります。 (実際の顧客にサービスしている風景でなくても、イメージが伝わる写真なら問題ありません)

4-2-5.提供する飲食物の写真:3枚

飲食店の場合は、食べ物、飲み物の写真は必須です。カフェやパスタ屋さん、ラーメン屋さんなどでは、人気商品や季節限定商品を中心に掲載し、居酒屋などメニューやコースが豊富な場合は写真の数を増やすと良いでしょう。

4-2-6.共有エリア:1枚

ホテルやゴルフ場、アミューズメント施設などの場合、大浴場やロビーの待合スペース、レストランなどの写真を掲載すると良いでしょう。検索中のユーザーが、そこでの滞在やレジャーを具体的にイメージできるような写真がベストです。

4-2-7.客室:3枚

ホテルや民宿、ゲストハウスなどの場合、最も重要なのが客室の写真です。人気の部屋を中心に、タイプが異なる客室がある場合は全てのタイプを紹介する写真を掲載しましょう。こちらも加工などはせず、実際の雰囲気が伝わるようにするのが大切です。

4-2-8.チームの写真:3枚

経営者やスタッフ、従業員の写真を掲載します。サービスの提供者の雰囲気や人となりが伝わると、安心感や親密さを感じてもらうことができます。(野菜などでよくみる生産者の顔写真と同じですね)

など推奨の枚数が決まっています。また、推奨されていなくともGoogleMAPをみたユーザーがこの店に訪問しようというきっかけを後押しする自店舗のより正確に表現する写真をえらびましょう。

4-3.対策3.口コミをもらおう!

口コミをもらいましょう。最初は常連さんなど懇意にしている方にお声掛けをして書いてもらうのも良いでしょう。店舗のPOPや会員メルマガ・LINE@を活用されているのであればそちらで直接リンクを送付して書いてもらえれば全ての来店者にリアルでもネットでも口コミを依頼する事ができます。じぶんたちの業界で有名なポータルサイトの口コミも合わせてお願いする事も出来ますが、集中的に集めた方が良い事も多いので、一度に何個も依頼をせず強化の期間は切り分けるなどしておきましょう。

4-3-1.出来る限り期間を開けずに返信しよう!  

口コミが来たら返信する事ができます。この返信もなるべく早い方が望ましいです。登録しているメールに通知が来ますが会社用のアカウントでマイビジネス登録でしか使ってないので気づかないなどは避け、毎日通知がチェックできる体制にしておきましょう。気をつけましょう。

4-3-2.通常営業時間と特別営業時間についても更新しておこう  

通常営業時間も当然ながら正しい営業時間を記載しましょう。Googleは営業時間中の店舗を優先して表示するので、オープンと書いて来てみたけど、閉まっていたなどクレームの元となるので注意が必要です。また、第●週の△曜日は休業など変則的な定休日の店舗は特別営業時間であらかじめ休日に変更をしておきましょう。祝祭日で休日が変更の場合も同様に編集が可能です。

4-3-3.悪い口コミがあった時でも安心して対処しよう!

悪い口コミがある方からの相談でこの口コミを消したいという方もいらっしゃいます。この悪い評価・口コミに対する評価の対応は2つあります。

  1. Googleに報告する
  2. 誠実に対応する

1.のGoogleに報告するという事ですが、ポリシー違反する悪質な場合などはGoogleが対処して削除依頼が通る場合もあります。身に覚えのないコメントなどはGoogleに連絡を入れてみましょう。ただし、対応をしてくれない事も多々あるため、2.の誠実に対応するという事での対応も行いましょう。丁寧な対応や改善案など記載して置く事で口コミ評価をみているお客様も納得・安心してもらえる事でしょう。

4-4.対策4:サイテーション ネット上の評価を得よう

サイテーションという考え方がある全ての外部リンク対策を行っても同一のサイトであるとGoogleは認知しているようです。食べログやぐるなびなど飲食店向けのポータルサイトなど連携を開始しましたが、それ以外に数多くの案内・口コミ評価を得ているポータルサイトは数多く存在しています。その多くのサイトにおける(店舗名・住所・電話番号)など同一と判断するための項目をサイテーションと呼んでいます。この情報が異なっている場合はせっかく外部対策を行なっていても影響が弱くいつまで経ってもナレッジグラフにも評価を貰えない状況になってしまいます。Google推奨のタイトル名をシンプルにというのも一時的には一斉を風靡しておりMEO対策としても効果がみられますが、この理由も踏まえて管理しておける状態にはしておきましょう。ペナルティを受けた際にもすぐに対応が取れる状態が望ましいですね。住所が一致していない例Googleマイビジネス登録住所:岡山県倉敷市〇〇町**丁目**の**その他のポータルサイト:岡山県倉敷市〇〇町**-**-*など、丁目・番地、「-」で表現している場合など自社のWEBサイト、他のポータルサイトなど統一をしておきましょう。

5.まとめ

上記が出来ている店舗でもまだ自社が上がるべきキーワードで上位表示していないという場合はさらなる口コミの促進活動・外部施策・知名度アップのための施策が必要です。WEB上での集客一番化に向けて是非入り口としてMEOに取り組んで行きましょう。また、MEOで上位表示しているのに予約・電話・ルート検索など有効なアクションに結びついてない場合は誘導率を上げる施策が必要です。気になる方は一度ご相談くださいませ。長文をご覧頂きありがとうございました。

  • 基本情報の設定をしっかりとしよう
  • 店舗写真を充実させよう
  • 口コミをもらおう